時間が経つと変化する?はんなりキュートな「本くず氷」が気になる♡

「くず餅」といえば、京都代表する定番の和スイーツです。そんなくず餅の食感を活かしながらもまったく新しいスイーツが誕生しました。それが「京都 本くず氷」。本くず氷は冷たいくず餅のような食感と有機素材を使ったヘルシーさが人気のアイスキャンデーです。さらに時間が経つと食感が変化する、1本で2度楽しめるスイーツです☆

39point

新感覚のアイスキャンデー「京都 本くず氷」

「京都 本くず氷」は京都で誕生したまったく新しいアイスキャンデー。
吉野の本葛粉を使用しているので、とってもヘルシー。
まったく新しい食感も人気です♪

乳製品ではなく本葛粉を使っているので、溶けても垂れにくいのが特徴。
着物を着ていても汚さず食べられると、京都女子の間で人気を集めています。

さらに注目は食感の変化。
普通のアイスキャンデーは溶けるとべたべたになるだけですが、「京都 本くず氷」は葛粉のおかげで少し溶けるとぷるぷるの食感に。
冷えたしゃきしゃきとはまた違った変化も楽しめます♡

和のフレーバーがたっぷり☆

「京都 本くず氷」のフレーバーは全6種類。
いちごや7種のフルーツなども人気ですが、やっぱり食べてみたいのは京都ならではの和のフレーバー。

有機の宇治抹茶や焙煎ほうじ茶黒豆も美味しそうです。
「生八つ橋」フレーバーも気になりますね!

aoi sasakiさん(@aopu)がシェアした投稿 -

清水店は清水寺に続く松原通にあり、季節を問わず観光客がつめかける人気店です。
京都観光のお供にぴったりのスイーツお試しあれ♡