きな粉スイーツ専門店「吉祥菓寮」でテマヒマかけられたスイーツを♡

インスタジェニックな和のスイーツがたくさん揃っている観光地といえば京都です。京都に数あるスイーツの中でも、きな粉スイーツ専門店「吉祥菓寮」はインスタ女子には注目のお店。京都に行ったら絶対に行きたいお店として大人気です。こちらでは京都らしい繊細な味わいのきな粉のパフェが楽しめますよ♡

69point

こだわりのきな粉スイーツに大満足♡京都 「吉祥菓寮」

京都市東山区にある「吉祥菓寮」はこだわりのきな粉が自慢の江戸時代に創業された老舗です。こちらで使用されているのはこだわりの大豆を「自家焙煎」したきな粉。「自家焙煎」というとコーヒーのようですが、こちらのきな粉も手間もヒマもかかったもので、大豆を煎るだけでも、なんと5日間も時間をかけるのだとか。

時間をかけて焙煎した大豆はとても薫り高い味わい。煎り大豆といえば節分の豆まきでおなじみのものですが、実は日本で初めて節分で豆まき用の大豆を販売したのもこちらのお店だそうです

伝統のきな粉をたっぷり使った絶品パフェ!

そんな大豆ときな粉に徹底的にこだわったお店がきな粉のスイーツを現代的にアレンジしたメニューが「焦がしきな粉パフェ」。グラスの中にはアイスやメレンゲ、豆乳ブランマンジェやほうじ茶のゼリーなどがつめこまれ、そこにこだわりのきな粉がたっぷりトッピングされています。

和と洋のおいしさが楽しめるメニューはとってもインスタジェニックだと大人気。さらにこちらではテーブルにセットされたポットに入ったきな粉が掛け放題!こだわりのきな粉を心行くまで堪能できるなんてぜいたくすぎる!

季節限定のメニューも!

「吉祥菓寮」のパフェはきな粉だけではありません。こちらのお店では、それぞれの季節の旬がぎゅっとつまった、そのときしか味わえない季節限定のメニューも次々と登場すると話題になっています☆

春に登場するのは春つみのイチゴを使用した「苺パフェ」。こちらはピンクが鮮やかな、とってもインスタ映えするメニューです♡こちらのイチゴのパフェは大人気で、シーズンになると多くのお客さんで行列ができて1時間待ちということもあるのだとか!

「お芋とリンゴのパフェ」は秋から冬にかけて登場する限定メニュー。紫芋のトッピングがとってもキレイ♪中にはお茶のゼリーも入っていて、和と洋の絶妙のバランスを感じられると話題です。

冬限定は「ショコラパフェ」&クリスマス限定メニューも♪

冬の限定メニューは「ショコラパフェ」。濃厚なショコラにオレンジが加わり、濃厚な味わいがたまりません!パフェというより、ケーキを食べてるみたい☆
冬の間にぜひ食べたいメニューです♡

Ai Tanakaさん(@ttoy_6)がシェアした投稿 -

そしてクリスマスに陶業するのが「ノエルピスターシュパフェ」というプレミアムなパフェ。メレンゲにイチゴやラズベリー、ホワイトチョコのムース、ピスタチオアイスがクリスマスカラーの層になっています☆表面はサクサクメレンゲで、ストロベリーとピスタチオのパウダーがとっても素敵です!大人気のパフェは3時間待ちの時間帯もあるそうで、開店前から行列ができているそうです。

このほか、本わらび粉を使用したわらび餅など数量限定のメニューもあり、どのメニューも食べたくなってしまいます。
京都の四季を見て味わって楽しめる「吉祥菓寮」。京都に行ったら外せないお店ですね☆